nayami_01_01

 

middle_message_itjan

 

未経験でも中途採用でITエンジニアになれることはご存知ですか?
こちらは、未経験でもITエンジニアになりたい、という方に、未経験OKなITエンジニア求人をご紹介し、内定の取り方までサポートしております。エージェントが担当について、無料で書類作成や面接対策まで丁寧にサポート致します。

今、ITエンジニアの需要は年々増しており、経験者であれば高待遇で迎えたいという企業が激増しています。
キャリアアップして自分の価値をどんどん高めて高待遇で仕事に就きたいと思っている方やフリーランスも目指しているような方には、これ以上ない職種といってもよいでしょう。

こちらは、未経験でも入社可能なITエンジニア求人へ中途採用で内定まで持っていくことに特化している転職エージェント会社です。

ぜひサポートを受けて、ITエンジニアを目指しましょう。

 


career_t02

 

転職エージェント会社である当社は、求職者様に最適な転職先を紹介するサービスを提供しています。転職先を紹介するだけでなく、書類の書き方や、給与・待遇の条件交渉なども含めて、サポートするので、一人で転職するより安心でしょう。

当社は厚生労働省の認可を受けた転職エージェント会社であるため、転職先の企業様から紹介フィーをいただいております。したがって、求職者様に費用は一切かからず、手厚いサポートを受けることができます。

転職先の候補を見つけたい方は、是非ご相談だけでもしていただけると幸甚です。

 

inquiry_01

 

title_p1_03
step_01present

inquiry_01

secretdetail_02secret_detail_01
title_p1_02
case_03
case_01_02


title_p1_04

question_01


answer_01


question_02
answer_02

 

question_03
answer_03

 

question_04


answer_04
inquiry_01

title_p1_01point_01
point_02
point_03

 

inquiry_01



 

コラム

Windows95の開発の責任者であるデビッド・コールから開発の主要メンバーに緊急召集がかけられたのは、開発も大詰めを迎えた1994年末のことである。
サトシは開発の主要メンバーの1人として「シェル」と呼ばれる部分を担当していた。「シェル」とは今のWindowsにも引き継がれている、デスクトップ、エクスプローラ、スタートメニューなどのユーザーインターフェイスのことである。
いままでの経験から、サトシは、この手の薬指集が良い知らせではないことをわかっていた。
Windows95 は、当時、マイクロソフトが社運を賭けて開発していた次世代のOSである。それまでのWindows3.1から機能、操作性、処理能力を大きく向上させただけでなく、インターネットへ接続するための機能を標準で備えていた。そのころ既に、マイクロソフトはパソコン OS市場で圧倒的なシェアを持っていたが、アップルやIBMといったライバル企業も、次世代OSの開発に注力しており、Windows95 への移行がスムーズに行かなければ、その地位を失ってしまう可能性があった。デビッド・コールが深刻な顔をして緊急招集の理由を説明し始めるWindows95
そのものの開発は順調に進んでいるが、Windows3.1との互換性の維持が思うように進んでいないのである。
「互換性の維持が思うように進んでいない」とは、つまり、Windows3.1用ソフトの多くが、Windows95 の上では動かないということだ。新しい OSの上で手持ちのソフトが動くかどうかは、ユーザーにとって最大の関心事だ。九〇年代当時は、まだインターネットの普及前なので、オンラインでソフトをアップデートすることもできなかった。このため、とにかく従来のソフトが。そのまま。動くことがとても重要だった。
「このままだと、95年中にリリースすることはできない」